スタッフ

住吉  武(名誉顧問)

芦屋少年少女合唱団創設者。合唱指揮法・音楽教育学を専攻。聖ソフィア・バラ合唱団常任指揮者。日本音楽教育学会会員。武庫川女子大学・神戸聖和女子大学各コーラス部技術顧問。音楽に携わる功績を認められ、芦屋市民文化賞を受賞。



玉置 喜美男(団長・指揮者

芦屋市立小学校で音楽専科として長年勤務。児童音楽教育に携わる傍ら、市内・県内の音楽実技を指導。また、山手コーラス及びコールコスモスの合唱指導にもあたる。芦屋市公民館の連続講座で年配者を中心とした合唱グループを構成、その後も継続して芦屋川木曜コーラスとして現在140名の団員を指導している。児童の育成及び生涯教育に携わった功績を認められ、平成11年芦屋市民文化賞を受賞。また、平成12年兵庫県教職員組合から社会文化賞を受賞。



藤田 まさ代(マネージャー

1993年、加藤前マネージャーの死去により、育成会より推薦されマネージャーとして現在に至る。その間、3回に亘る海外演奏旅行、外国合唱団との渉外、市との交渉、広報活動のすべてに当たって手腕を発揮し今日の芦屋少年少女合唱団の発展に大きく寄与した。また団員一人一人に細かい気配りと愛情を注ぎ、母親のように慕われている。



真鍋 典子(指揮者

芦屋少年少女合唱団では、顧問と共に最古参の指導者。生来の明るい性格で子供達と一緒に歌ったり踊ったり、楽しい指導ぶりに子供達も大喜び。大阪音楽大学 ピアノ科卒。



渡邊 ゆか(ピアニスト

神戸女学院 ピアノ科卒。抜群の演奏センスと音楽解釈によって 合唱団に なくてはならない名ピアニストとして好評。特に、組曲の伴奏者として毎年 内外から好評を博している。



黒田 稔(ピアニスト

京都大学文学部 ドイツ語科卒。幼少より ピアノを 金沢益孝 氏に師事。現在、「芦屋川木曜コーラス」、「山手混声コーラス」のピアニストとしても活躍している。シニアで伴奏を務める。



田村 真由子(ピアニスト

大阪音楽大学ピアノ科卒業。きめの細かいタッチと音楽づくり、音楽を引っ張ってくれるミュージカルに必要不可欠なピアニスト。子供たちだけで作り上げるあっぷるぱいでも大活躍で、一緒に楽しいピアノ伴奏を続けている。



中元 亜希子(振り付け指導

大阪音楽大学ピアノ科卒業。優しく、子供たちや指導陣からの信頼が厚い。普段の指導の他に、主にミュージカルの振り付けを担当し、定期演奏会を盛り上げている。



岡本 真季(指導スタッフ

芦屋少年少女合唱団出身。大阪音楽大学及び同大学院オペラ研究室修了。卒団後は指導者として合唱団に残り、普段の指導の他、主にミュージカルの演出を担当している。声楽家としてオペラや様々な演奏会に出演。関西を中心に活動している。